☆富山からきた福島です☆

~富山生まれの富山育ちが東京に来て芝居をする の巻~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【出演情報】THE REDFACE PRODUCE VOL.54 「爾汝の社 千客万来」

THE REDFACE PRODUCE VOL.54
「爾汝の社 千客万来」


THE REDFACE さんの10周年記念公演に団体客演で
出演させていただきます

たくさんの方のご来場、お待ちしております!!

チケットはこちらから
https://ticket.corich.jp/apply/68493/019/

38468.jpg38467.jpg


THE REDFACE PRODUCE VOL.54
「爾汝の社 千客万来」


【日時】
11月13日 (金)18:30〜
11月14日 (土)13:00〜 18:00〜
11月15日 (日)13:00〜

【場所】
江東区文化センターホール

【チケット】
全席指定席
一般前売:¥4500円
学生前売:¥3000円

~ストーリー~

時は江戸末期。処は吉原くるり龍。
登場人物は鳥の名を持つ、三人の新造、八人の遊女、そこに巣食う一人の花魁の幽霊。彼女たちを買った鬼のカカサマ。
そこに拾われてくる農家の娘みつこ。生きることだけで精一杯だったみつこは、新しい名前、モズを与えられ慣れない下働きの日々の中で、人にはそれぞれ生きる意味がある事に気がついて行きます。やがて、純真なモズの存在は凍ってしまった遊女たちの心も溶かしていくのでした。そんな時、くるり龍に取り憑いた先代の花魁幽霊トンビがモズを面白がって支配し始めます。やがて、思いもよらない結末がくるり龍を襲うのでした。

爾汝の社は2008年に初演され、2009年 再来 、2010年 飛来 、2012年 万来 、2012年 萬來 、2013年 光来 、2014年 福来 、今年2015年八回目の再演を迎えます。

更に、今回の江東区文化センター公演から、初めてライバルであるヒカゲ家を登場させた総勢29名の拡大バージョン公演となります。千客万来には新たな魅力溢れるキャストをお迎えし、より深く強く心に残る新たなエピソードを盛り込み、更に核心に触れたストーリーに生まれ変わりました。

スペシャルゲストの新宮由理、Setsukoによる素晴らしい歌や踊りも盛り沢山。より、スケール感あるエンターテインメントを愉しんでいただける内容に一新いたしました。また、これまでの爾汝の社の基本にはあくまで忠実に物語はすすみますので、これまでとの変化も充分楽しんでいただける作品となりました。

劇団創立10周年記念第一弾公演、爾汝の社 千客万来、皆様どうぞご期待ください。


※この記事は
THE REDFACE PRODUCE VOL.54
「爾汝の社 千客万来」
が終わるまでTOPに設定しています。通常の記事は、このお知らせの下にあります。
スポンサーサイト
[ 2015/11/15 23:36 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。